汚れたエアコンを掃除して内部を清潔に保つ

最近エアコンから水漏れが発生するトラブルが頻発しています 最近エアコンから水漏れが発生するトラブルが頻発しています

定期的な掃除でエアコンの水漏れを予防

エアコンを長期間使用していると内部はどんどん汚れていき、水のトラブルが発生しやすくなってしまいます。エアコンの内部を清潔に保っておけばトラブルが発生する可能性は低くなり、修理や清掃にかかる費用を安くすることが可能です。

エアコンが汚れると電気代も大幅に増えてしまいます

フィルターが目詰まりした状態でエアコンを使用していると、冷暖房の効果が悪くなり稼働時間が増えてしまいます。その結果エアコンの電気料金が大幅に増えてしまい、日常生活に悪影響を与えてしまう可能性がありとても危険です。

業者の方が教えるエアコンのお手入れ方法

最初はどの部分を清掃すれば良いですか?
まずはエアコン内部のエアフィルターを外し、掃除機などを使って表面についているほこりなどをきれいに取り除きましょう。汚れがひどい場合は水に中性洗剤を入れ、布で軽く撫でるようにフィルターを洗ってください。
エアコンを手入れする際はどの部分に注意すれば良いですか?
エアコン内部の金属部分は触れると怪我をしたり、変形が生じる恐れがあるので触らないようにしてください。またクレンザーやタワシなどの設備は機器を傷つける可能性が高いため、清掃を行なう際は使用しないのが適切です。

ドレンホースの清掃は最も重要

エアコンから発生する水漏れは、ドレンホースに詰まりが起きることで発生してしまうことが多いです。日頃からきちんとドレンホースの清掃を行なっておけば、エアコンから水漏れなどのトラブルが発生することはありません。

ドレンホースにはいろいろなものが入り込みます

ドレンホースは配管とともに外へと設置されており、ほこりや水垢などの汚れが内部に溜まりやすいです。場合によっては虫の死骸が溜まることもあるため、エアコンのドレンホースはなるべく頻繁に掃除を行なわなければいけません。

TOPボタン